ホーム » 効かない・治らない » ニキビが治らない。鼻の下やあごに出来るが、いい方法は?

ニキビが治らない。鼻の下やあごに出来るが、いい方法は?

Q.png

【質問】
ニキビについて、教えて下さい。

私は、大田区に住んでいる女子高生です。

生まれてからずっと、ここに住んでいます。

この春から、ニキビが出来はじめました。
鼻の下と顎に、ニキビが出来たのです。
だんだん数が多くなってきます。
それに、皮膚も痒いことがあります。

なぜ、急に出来たのか、理由が分かりません。
急に環境が変化した、とかの覚えはありません。

食事も、中学時代と同じです。
野菜を中心にして、油っこいものは食べません。
けっこう、健康には注意しているのです。
この食事は、間違っていませんよね?

毎日、洗顔も欠かしません。
冷水で、ごしごしと洗っています。
これがいけなかったのでしょうか?
お湯の方がいいのでしょうか?
あまりごしごしと洗って、肌を痛めていたのですか?

化粧水は、資生堂です。
母と同じものです。
これが、10代の肌には合わないのでしょうか?

ニキビを治すには、どうすればいいですか?
マツモトキヨシで、市販の薬を買えばいいでしょうか?
オススメの薬があれば、教えて下さい。

もちろん、皮膚科へ行くことも、考えています。
でも、先生が処方する薬は、ステロイドですよね?
何か、ものすごく副作用がある、と聞いています。
それで、皮膚科へ行くのが怖いのです。

皆様は、どういうふうにして、ニキビを治しましたか?
体験談を、お聞かせください。
回答を、よろしくお願いします。





A.png

■ニキビにならない!正しい洗顔方法は?

質問者様のように長く続く大人ニキビに悩んでいる人は大変多くいらっしゃい
ます。そして、その大半の方が正しい洗顔をしていないのです。


これから説明する、正しい洗顔の方法を毎日実践していただければ、きっと、
何度も何度も繰り返してしまう、しつこい大人ニキビを改善することができますよ。


■正しい洗顔方法を覚えましょう!

①まずは、湯洗いをする
洗顔フォームをつけて顔を洗う前に湯洗いをします。その際に、必ず、
10回以上は湯洗いをしましょう。


②洗顔フォームをネットで泡立てる
洗顔フォームをネットにつけ、塗れたままの手でしっかりと泡立てます。
泡がきめ細やかであればあるほど、毛穴の奥まで洗うことが出来ます。


③泡で包み込むように洗う
いよいよ洗顔なのですが、この際に肌に直接手が触れないようにしましょう。
大きな泡の塊で包み込むように洗いましょう。


④優しく何度も洗い流す
この際もゴシゴシ洗わず、優しく何回も洗いまがしましょう。15回以上、
洗い流すようにしましょう。


⑤清潔なタオルで拭く
何日間か使っているタオルではなく、毎日変えている清潔なタオルで
押さえるように水分を拭き取ってください。


⑥化粧水を手で染み込ませる
化粧水で肌を整えるのですが、コットンなどは使わずに素手でつけましょう。
パタパタと叩くのではなく、じっくりと手で押さえるようにしてつけてください。


⑦保湿液でしっかり保湿する
日本人は化粧水をたっぷりつけることに重要性を感じているあまり、
保湿液などを少ししかつけない人が、とても多いのですが、実は
保湿の方が大切なのです!


化粧水と同じくらいにたっぷりつけましょう。この際もパッティングは
しないでください。


以上が正しい洗顔方法です。毎日行えば治らないニキビでも効果が表れる
ことでしょう。


■鼻の下やあごのニキビは・・・?

鼻の下や顎などの顔の中心のニキビをめんちょうといいます。めんちょうは、
他のニキビと違い、化膿しやすくニキビ菌もとても多く含んでいます。


どうしても治らない場合は、潰してしまうことも出来ますが、まずは、毎日の
洗顔で様子をみてください。


どうしても治らないので潰すことになったら、加熱消毒した針でまんちょうの
頭の白い部分を刺し、そこから中の膿を出しください。


出す時は爪などを立てずに指の腹で優しく押し出しましょう。そして、消毒液で
しっかりと消毒し上から絆創膏などを貼って保護してください。


消毒を行わないと、めんちょう周辺にニキビ菌が散乱してしまい、さらに
多くのニキビをつくることになります。ご注意ください。


皮膚科で処置してもらうことも可能ですので、自信がない場合は皮膚へ
行きましょう。そしてニキビは優しく扱いましょう。

皮膚科でもらったダラシンTゲルを毎晩塗っているのに
ニキビが治らない・・


ダラシンやアクアチムクリームを塗っても治らない。
それは元々持っていた健全なお肌が失われているからです。

私は下記のニキビによいと言われている方法を試してきました。
1.泡洗顔、お湯洗顔
2.ダラシンTゲル、ディフェリンゲルなどの塗り薬
3.ミノマイシンなどの内服薬(抗生剤)
4.ビタミンCなどのサプリメント
5.ニキビ用化粧水
6.サプリメント

結果としては・・・ 

1→効果なし(3ヶ月続けたけど変化なし)

2→最初は効いていたのですがだんだん効果がなくなって来ました。 治りにくくなっていました。

3→抗生剤を飲んでいるときは良くなるのですが、やめると再発。 抗生剤も耐菌性などの問題があるのであまり飲みたくありません。 あと長期間のんでいるとだんだん効かなくなってきます。

4→若干良くなった時もあるかな?くらいです。 劇的に効果が出た人もネットの口コミをみるといるみたいですが、少なくとも私には あまり効果がなかったようです。。

5→予防には効果あり!

ニキビ用化粧水には必ずと言っていいほど入っている成分があります。
「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

グリチルリチン酸ジカリウムは赤みなどの炎症を抑える作用があっては医薬品にも応用されています。

なので、赤ニキビのように炎症を伴うニキビの症状緩和に一定の効果を持っています。 「甘草エキス」などと表記している化粧水もありますが、同じことです。

ただ、高い化粧水が多いので安い化粧水はないかと探していた所 オルビスが良さそうという結論に達しました。

トライアルから始めたのですがその後は化粧水だけ定期的に購入しています。 もちろんこのオルビスの化粧水も「グリチルリチン酸ジカリウム」が入っています。

ただこの化粧水だけでは根本的に完治は難しいです。 あくまで次のニキビがでないようにする予防対策として使ってください。

ただ、私の場合ですが確かに保湿だけの時よりも圧倒的に新たにニキビができる割合が減ったのは事実です。

オルビスのニキビ用化粧水は生理前の周期ニキビ専用みたいな書き方をしていますが 入っている成分は一般的な内容なので、男女関係なく使えますよ。


>>ニキビ予防に効果のあった化粧水とは?







6→なぜこのサプリメントかというと、腸内環境の正常化がニキビや肌荒れに効果的 という記事を見かけたからです。

>>何をやってもダメだったけど理由は?

「便秘で肌が荒れる」人も多いと聞いたことがありますか?

特に女性の肌荒れは便秘や腸内環境が正常に働かないため起こることが 多いのです。

お通じがない状態や自覚がないけど腸内環境が良くない状態と言うのは、体内の老廃物が外に出て行かない状態になります。

その結果、老廃物は毛穴や皮脂腺、汗腺など分泌物が出せる穴から出すような体内の働きが起こってしまいます。 腸は、人間が体内に取り込んだ栄養を吸収する場所です。 腸が汚れているとうまく栄養を吸収できません。

そのため野菜を中心とした食生活をしていても、栄養の吸収効率が悪いため 行き届かないのです。

ニキビも当然良くなることはありません。

野菜中心の生活で体の内側から治すことが重要なのはみんなわかっていると思います。 食生活なんてと思っていても「徹底」しないと意味がありません。

私は3日だけ朝昼晩と3食野菜だけで過ごした時がありました。 お通じも綺麗な形と色でニキビも本当に綺麗になりました。


腸が掃除された結果、老廃物がたまらない体になったからだと思います。

でもなかなか続けられません。。

そこで腸内環境を綺麗にして、栄養もとれるサプリメントを試してみました。 3度の食事は特に制限なしです。

2週間ほど立ってくると新しいニキビができていない事に気づきました。 1ヶ月後、ニキビの赤みが薄くなってきました。 …そして3ヶ月後にはほとんどニキビがない顔の状態にすることができたのです。

最初は半信半疑でしたが、腸が相当汚れていたということでしょうね‥


このサプリメント はオリゴ糖やビフィズス菌、食物繊維が効率よくとれるように 配合されています。
何をやってもニキビが減らない方はぜひ試して頂きたい方法です。





※青汁も腸内環境をきれいにするので試してみました。 だけど継続するにはちょっとお高いのでこちらのサプリメントに切り替えた経緯があります。 (余談ですがドラッグストアで売っているような安い青汁も試したのですが かえって便秘になってしまいました(泣) 薬剤師の友達いわく、安い青汁は有効成分をかなり薄めているものがほとんどだそうです‥) わたしはこのサプリを初めて1年以上立ちますが、お通じもバッチリなのでこれからもお世話になりたいと思っています!


>>大人ニキビ対策は体の内側から対策する理由とは?



関連記事

Return to page top